photo_tokai.jpg

東海大学

東海大札幌 / 東海大山形 / 東海大高輪台 / 東海大菅生 / 東海大望星 / 東海大浦安
東海大市原望洋 / 東海大相模 / 東海大甲府 / 東海大静岡翔洋
東海大諏訪 / 東海大大阪仰星 / 東海大福岡 / 東海大熊本星翔

-進学制度-

学校の成績と学園基礎学力定着度試験と学園高大連携総合試験の成績で決まります。

学園基礎学力定着度試験は高1高2高3の4月に計3回ありますが、考慮されるのは高2高3の2回です。

学校の成績はそれほど考慮されず、高3の学園基礎学力定着度試験の成績が重視されます。

-進学基準-

学園基礎学力定着度試験は英数国理社の5教科で行われます。文系も理系も5教科必要なのが特徴です。

各科目とも名前の通り基本をしっかり解けるようにすることが大事です。問題出題傾向もあるので、

事前にしっかりと対策をすれば、高得点が狙えます。人気学部に進学するためには、約5,000人の生徒の中で、

上位30%程度に入っておくことが目標となります。全員が進学出来るわけではなく、全校で20%ほどは推薦を

得られないので、早いうちから、また遅くても諦めずに対策をすることが大事です。

-東海基礎学コース-

東海の基礎学で好成績を得て、志望学部への内部進学を目指すコースです。

人気学部を目指したい生徒様から、進学基準を満たしておらず巻き返しを図る生徒様まで、幅広く対応いたします。

東海の基礎学では各教科、各単元の基本をきっちりと押さえることが大事で、得点につながります。

学力や入会時期に合わせ、個別にカリキュラムを設定いたします。

​-東海基礎学医学部コース-

東海の医学部に基礎学で合格を目指すコースです。

医学部は最難関の学部です。基礎学力定着度試験では上位100番以内には入っておくのが理想で、通常の基礎学対策よりも踏み込んだ内容で学習する必要があります。もし基礎学で推薦を得られなかった場合でも、その後の一般入試で合格出来るような学力を付けることを目標とします。

当塾では長年医学部入試に精通した実績十分の講師陣を揃えており、2次試験対策もばっちり行います。